バイオエンジニアリング講演会 2018 – 横浜国立大学大学院工学研究院 百武研究室

第31回バイオエンジニアリング講演会; 第31回バイオエンジニアリング講演会. 2018年12月14日 – 2018年12月15日 | バイオエンジニアリング部門 講演会 主催 No.18-35. 開催日: 2018年12月14日(金)~15日(土) 企 画: バイオエンジニアリング部門 . 趣旨・内容 【開催

バイオエンジニアリング講演会

2018.9.12 : 講演原稿投稿締切を延長しました. 2018.9.1 : 講演原稿を受付開始しました. 2018.7.30 : 講演申し込みを延長しました. 2018.7.30 : 原稿執筆要領を公開しました: 2018.7.30 : 協賛学会を公開しました: 2018.6.27 : 申込ページを開設しました: 2018.6.27

伊藤 将大, 前田 英次郎, 松井 翼, 出口 真次, 道上 達男, 坪井 貴司, 北口 哲也, 杉田 修啓, 松本 健郎

本研究会は、バイオインダストリー関連の各種プロセス・装置類およびダウンストリームプロセシングの合理化、省エネルギー化あるいは新しい研究成果の工業化等、バイオエンジニアリング分野の開発と発展に寄与することを目的として、1988年に設立されました。

2018年12月14, 15日に福島県郡山市で開催された、日本機械学会第31回バイオエンジニアリング講演会にて研究成果発表を行いました。 m1の岡本、齋藤、山中と、出口、松永、藤原と私(松井)の合計7名での参加となりました。

本講演会は1988年に発足しました.その後のバイオエンジニアリングの発達はめざましく,バイオ・医療・福祉への益々の貢献が期待されております.第30回講演会では,口頭発表の代わりにポスター発表を採用することと致しました.下記のようにバイオ

部門講演会; 分科会・研究会; ニュースレター; 部門関連出版物; 部門ジャーナル; 部門賞. 功績賞・業績賞・瀬口賞; 応募要項. 部門一般表彰. JBSE Awards; 講演会表彰; 出藍会; メーリングリスト. 登録方法; アーカイブ; リンク集; Photo Gallery; 本サイトに関するお

学会名:第31回バイオエンジニアリング講演会場所:福島県郡山市立中央公民館・勤労青少年ホーム善明大樹研究テーマ:培養環境が脂肪細胞包埋ゲル内における 脂肪滴蓄積量と電気的特性に与える影響

2018年度: No.18-135講習会「混相流入門:実験・数値計算の基礎から実例まで」 2018年12月25日(火) 日本機械学会 第1・2会議室 : 第31回バイオエンジニアリング講演会 2018年12月14日(金)-15日(土) 郡山市立中央公民館 ・勤労青少年ホーム

講演会場から懇親会場までバスを運行します。 参加費は4,000円(学生は2,000円)ですが,人数に制限がありますので, 参加登録のときなどできるだけ早くお申し込み下さい。 問い合わせ先: 第22回バイオエンジニアリング講演会事務局

バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2018.30 2017.29 2016.28 2015.27 2014.26 2013.25 2012.24 2010.23 2009.22 2008.21 2007.20 2006.19 2005.18 2004.16 2003.15 2002.14 2001.13 2017.29 選択された号の論文の291件中101~150を表示しています

第19回バイオエンジニアリング講演会, 2007年1月7日-8日, 仙台国際センター 加納光, 宮崎浩, 伸展ひずみ負荷が培養血管平滑筋細胞の局所的スティフネスに及ぼす影響, 日本機械学会第19回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, No. 06-65, pp. 374-375, 2007.

大森 瑠奈,Nix Stephanie,石本 志高. トンボの翅における生物学的構造と流体工学的機能の関係性の研究 日本機械学会バイオエンジニアリング講演会講演論文集,2018.30 巻,1I08,2018年. ニックス ステファニー,藤原 航,石本 志高.

第31回バイオエンジニアリング講演会 Outstanding Presentation」を受賞しました! 2018/06/03 木村健治 さんが「第10回CREST『生命動態』研究領域 数理デザイン道場 ポスター優秀賞」 を受賞しました!

2018.12.15; 中楯准教授が第31回バイオエンジニアリング講演会で発表しました!「繰り返し衝撃低ひずみ負荷を受ける脳神経細胞の軸索損傷評価」 2018.11.20; B4村岡君が卒業研究中間発表会で優秀講演表彰銅賞を受賞しました! 2018.11.13

2018.30 2017.29 2016.28 2015.27 2014.26 2013.25 2012.24 2010.23 第23回バイオエンジニアリング講演会 講演論文集(標題紙) 人工関節のバイオエンジニアリング(1)) 福岡 航世, 東藤 貢, 中島 康晴, 岩本

ユーグレナの表皮帯を規範とした弾性伸縮機構を備えた弾性流体内推進機構の動作解析中林 正隆, 吉田 潤平, 嶋脇 聡 スイング動作をするキリン頸部の筋骨格解析宮下 大和, 坂本 二郎, 茅原 崇徳 ラットとカメ

2018-04-02 バイオエンジニアリングコースに中楯浩康先生(准教授)が着任されました。中楯先生はバイオメカニクス分野の研究をされます。詳しくはこちらをご参照ください。

さて、一般社団法人バイオインダストリー協会(jba)様より公開講演会「ai型バイオエンジニアリング 〜aiの関わる社会進化論〜日本が世界で生き残るためのキーテクノロジーを考える」のご案内を頂きました。 日 時:2020年1月31日(金) 10:30〜17:10

M2石津君,田宮君,M1山本君,中世古君,濱田君が,日本機械学会第31回バイオエンジニアリング講演会にて発表 M1井村さん,田中君,八丁君が,ASME 2018 International Mechanical Engineering Congress & Expositionてに発表

バイオエンジニアリング部門の発展に貢献した功績が高く評価される この度、機械工学科の片岡則之教授が『2018年度日本機械学会フェロー』を受賞しました。一般社団法人日本機械学会は、技術社会の基幹である機械関連技術に係わる技術者、研究者、学生、法人の会員で構成されており、120

日本機械学会第31回バイオエンジニアリング講演会 (2018/12/14-15, 郡山) 松本健郎 エラスチンと軟組織の微視的バイオメカニクス 皮膚と動脈 第3回エラスチン・関連分子研究会学術集会 (2018/11/30-12/1, 東

2018/2/15 卒業研究審査会が終わりました. 2018/2/9 修士論文本審査が終わりました. 2017/12/14-15 第30回バイオエンジニアリング講演会(京都)にて後藤君,設樂君,中村君,山本君が発表を行いました. 2017/12/10 研究室忘年会兼ob会を開催しました.

機械工学科の片岡則之教授が2018年度日本機械学会フェローを受賞しました. Posted 2019年4月16日. バイオエンジニアリング部門の発展に貢献した功績が高く評価される この度、機械工学科の片岡則之教授が『2018年度日本機械学会フェロー』を受賞しました。

life2018, 第18回日本生活支援工学会大会, 日本機械学会 福祉工学シンポジウム2018, 第34回ライフサポート学会大会

ジャーナル バイオエンジニアリング講演会講演論文集 発行機関 一般社団法人 日本機械学会 住所 〒160-0016東京都新宿区信濃町35 信濃町煉瓦館5階

Simulation and evaluation of prosthetic walking based on neuro-musculo-skeletal model(会議名:第31回バイオエンジニアリング講演会 JSME/KSME Joint Session: Human Dynamics)(2018/12/15) 歩行の神経筋骨格モデルと支援機器開発への展開(会議名:第36回日本ロボット学会学術講演会)(2018/09/05)

2018年12月14, 15日に福島県郡山市で開催された、日本機械学会第31回バイオエンジニアリング講演会にて研究成果発表を行い

日本機械学会 バイオエンジニアリング部門 バイオエンジニアリング講演会実行委員長 2018/04/01-2019/03/31 日本バイオレオロジー学会 評議員 2017/05/01-現在 詳細表示

バイオエンジニアリング部門の発展に貢献した功績が高く評価される この度、機械工学科の片岡則之教授が『2018年度日本機械学会フェロー』を受賞しました。一般社団法人日本機械学会は、技術社会の基幹である機械関連技術に係わる技術者、研究者、学生、法人の会員で構成されており、120

日本機械学会第31回バイオエンジニアリング講演会,郡山,2018年12月14-15日 第1回出藍会総会, 若手・学生による座談会,日本機械学会第29回バイオフロンティア講演会,2018年10月24-25日,千葉

日本機械学会 バイオエンジニアリング部門 バイオエンジニアリング講演会実行委員長 2018/04/01-2019/03/31 日本バイオレオロジー学会 評議員 2017/05/01-現在 詳細表示

12月14-15日に第30回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会@京都にて以下の1件の発表を行いました. 占部麻里子, 菊地貴博, 道脇幸博, 小池卓二, 橋本卓弥,”嚥下筋骨格モデルを用いた異なる食塊による筋活動の変化の推定”第30回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会,1c11(2017.12

2018年3月5日開催 バイオエンジニアリング研究会シングルユース小委員会講演会「シングルユース機器、最適プロセスの選択」 「Advantage & disadvantage of single-use technology」 Evan Shave 氏 (Associate Director, Global Tech Transfer, Process Engineering and Validation, Patheon)

竹田圭佑,伊井仁志,吉永司,越山顕一朗,和田成生,気道および肺実質内の音響伝播モデルを用いた肺音伝播メカニズムの考察,日本機械学会第31回バイオエンジニアリング講演会,郡山市立中央公民館・勤労青少年ホーム,郡山,福島,2018年12月14-15日

計測自動制御学会のホームページ。東京都千代田区。学会活動や行事の紹介。学会誌の案内や論文集。

研究者「長尾 光雄」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。またjst内外の良質なコンテンツへ案内いたします。

内耳陰イオン輸送タンパク質ペンドリンの遺伝子変異による局在異常の回復手法開発(Development of a method for recovering the localization anormaly caused by genetic mutation of an anion exchange protein pendrin in the inner ear)(会議名:日本機械学会第31回バイオエンジニアリング講演会

(6) 善明大樹,宮田昌悟,培養環境が脂肪細胞包埋ゲル内における脂肪滴蓄積量と電気的特性に与える影響,日本機械学会第31回バイオエンジニアリング講演会, 郡山市立中央公民館・勤労青少年ホーム, 福島,2018年12月15日発表済.

堀江悠太,大山侑樹,中村匡徳,木村直行,川人宏次,坂元尚哉:血管内皮細胞の遊走および剥離に対する衝突流れ場の影響.日本機械学会第31回バイオエンジニアリング講演会.福島,2018年12月13日

2019 第32回バイオエンジニアリング講演会, 金沢商工会議所, Dec. 20, 21. 齋藤 匠, 松井 翼, 松永 大樹, 福島 修一郎, 出口 真次, “細胞内タンパク質の分子交換メカニズムに関する研究” 河合 拓真, 松永 大樹, 出口 真次, “非平衡開放系における細胞内骨格構造に関する研究” 岡本 達樹

中林正隆、吉田潤平、 嶋脇聡 :ユーグレナの表皮帯を規範とした弾性伸縮機構を備えた弾性流体内推進機構の動作解析、第 31 回バイオエンジニアリング講演会、 1d14 、( 2018, 12 )

修士 2 年の菅原啓君が,日本機械学会バイオエンジニアリング部門講演会で研究発表を行いました.. 緊張している様子でしたが,活発な質疑討論を行いました. お疲れ様でした!

バイオエンジニアリング講演会講演論文集 = Proceedings of the Bioengineering Conference, Annual Meeting of BED/JSME|書誌詳細|国立国会図書館オンライン

周囲材料特性を考慮したインプラント固定の有限要素解析 , 竹内直樹,前田英次郎,松本健郎,村瀬晃平 , 日本機械学会第31回バイオエンジニアリング講演会 , 2018年 , 口頭(一般)

株式会社ノビテックは、高速度現象の可視化・計測を行うプロ集団です。お客様のニーズに合わせ、ハイスピードカメラや照明、3次元計測器、ドップラレーダ、フラッシュx線装置等の各種計測機器の販売・レンタル・計測請負からサポートまで幅広く行っております。

会議種別: 口頭発表(一般) タイトル: 有限要素法を用いた骨再構築解析による全人工股関節置換術後の大腿骨の骨密度変化予測:ショートステムとロングステムの比較

2018年12月14~15日 会 場 郡山ビューホテルアネックス 問合せ先 第31回バイオエンジニアリング講演会 実行委員会 〒963-8507 郡山市田村町徳定字中河原1番地 日本大学 工学部 機械工学科 実行委員会 幹事 杉浦 隆次 E-mail:[email protected]

口頭発表(一般) ct 診断用人工骨ファントムの開発 第31回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会 2018/12/15 口頭発表(一般) 酸化チタンを用いた水処理用光触媒プレートの開発 2018 年度日本機械学会年次大会 2018/09/12

バイオエンジニアリング研究会 シングルユース小委員会講演会「シングルユースの機器選定基準と今後への期待、および抗体の物性解析に関する現状と課題」

山﨑 雅史,藤江 裕道,三好 洋美、骨分化過程におけるNesprin1ノックダウン間葉系幹細胞のアクチン細胞骨格の変化、第31回バイオエンジニアリング講演会、2018年12月

日本機械学会第31回バイオエンジニアリング講演会 実行委員 2018/04-2018/12 6th International Conference on Computational and Mathematical Biomedical Engineering Organizing Committee Member 2017/09-2019/06 日本機械学会第24回バイオエンジニアリング講演会 実行委員 2011/07-2012/01

会議種別: 口頭発表(一般) タイトル: 単球の内皮下浸潤により誘発される内皮細胞間隙分子の変化が次の単球浸潤を促進する

小原弘道, 茂木怜, 伊藤哲也,膵島移植のための細胞分離方法の検証,バイオエンジニアリング部門講演会,2018.12 伊庭洋貴, 小原弘道,血管内遊泳マイクロ医療デバイス開発のためのミリスケールモデル実験による検討,バイオエンジニアリング部門講演会

2018/03 栗原唯花が日本機械学会関東支部大会にて、最近の研究成果を発表しました。 2017/12 栗原唯花と渡部真子がバイオエンジニアリング講演会にて、最近の研究成果を発表しました。 2017/11

2018.12.17 【協賛行事】第31回バイオエンジニアリング講演会〈郡山市〉 2018.12.14-15 【協賛行事】SCIS&ISIS 2018 (Joint 10th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 19th International Symposium on Advanced Intelligent Systems〈富山〉 2018.12.05-8

渡邉和浩,安西眸,Norman Juchler,Sven Hirsch,Philippe Bijlenga,太田 信, “脳動脈瘤抽出用ニューラルネットワークにおける,入力画像の表現方法の違いによる判定精度への影響”, 日本機械学会 第31回バイオエンジニアリング講演会 [2018.12.14-15]

2018年06月16日 第41回日本バイオレオロジー学会年会 実行委員会 衝突流における赤血球の変形とヘモグロビン漏出 2014年01月11日 日本機械学会バイオエンジニアリング部門 日本機械学会 日本機械学会 第29回バイオエンジニアリング講演会 幹事

濱西伸治,村越道生,和田仁.有限要素モデルによる中耳・内耳病変診断装置用プローブの検討.日本機械学会第31回バイオエンジニアリング講演会講演論文集,2d15,郡山,2018年12月14-15日,2頁.