タフポリマー 自動車 – (科学の扉)新材料「タフポリマー」 軽くて丈夫な車を開発、他分野へ広がる応用:朝日新聞デジタル

全く新しいコンセプトの自動車が来年登場します。使われるのはタフポリマー。ポリマーとは、プラスチックに代表される高分子からできた物質のこと。 実は日本でこれまでの常識を覆すタフなポリマーが開発されたのです。誕生!タフポリマータフポリマーの生み

nhk eテレのサイエンスzeroで放送された「自動車までできる すごいぞ!タフポリマー」真っ二つになっても くっ付く?!今までなら壊れるような衝撃でも耐える!偶然見つかった従来より100倍以上強いポリマー。今回は番組内容の復習も含めてポイントをまとめてみる。

また、開発されたタフポリマーを用いてコンセプトカーを製作するとともに、自動車以外の分野への応用展開も図る。これにより、二酸化炭素排出量の大幅な削減及びポリマーの信頼性・安全性の向上が同時に実現可能となる。 達成目標

2018/10/02 16:03. 車両重量がわずか850kg!新素材「しなやかなタフポリマー」を採用したコンセプトEV登場

[PDF]

くタフポリマー技術で従来の薄膜化・強靭化の限界を突破する。 マスターブランド「タフポリマー」の普及により、自動車を含む産業分野全般 を劇的に変革。安全・安心、低環境負荷の社会を実現する。 大容量Li電池 超軽量タイヤ 高靱性樹脂ガラス 高安全性

ポリマー材料は、自動車のバンパーや内装、家電製品の筐体などの身近な部材に用いられることが多く、衝突や落下で壊れない必要があることからタフさが要求されます。一般的にポリマー材料は、硬い程壊れやすく、柔らかい程壊れにくい性質があります。

いろいろなポリマーに「しなやかなタフポリマー」を加えると、元のポリマーの特質を残したまま、しなやかで強靭なポリマーに作り替えることができます。これを例えば塗料にして塗ると、表面に付いた小さな傷が自己修復します。

この約4年間、内閣府 革新的研究開発推進プログラム(impact)のプログラム・マネージャーに専念して、強力な産学連携のもと自動車用タフポリマーの開発を行ってまいりました。

[PDF]

しなやかなタフポリマーの実現 • 強靭性の向上 → 亀裂が入っても進展しない(壊れにくい) • 柔軟性・形状回復性 → 力を分散して躱(かわ)す

発表日:2018年9月28日 炭素繊維強化プラスチックの可能性を広げるしなやかなタフポリマー技術を開発 東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日

タフポリマーの関連情報. 電気自動車、重さ4割減 タフポリマー製で大幅に軽量化 (2019-2-27) (科学の扉)新材料「タフポリマー」 軽くて丈夫な車を開発、他分野へ広がる応用 (2019-2-25)

本プログラムは、従来の限界を超える薄膜化と強靱化を同時に達成する「しなやかなタフポリマー」の実現を目指す。 タフネス性・柔軟性・自己修復性(熱や光で元に戻る)という特徴をもつタフポリマーは、自動車部品や輸送機器を飛躍的に向上させる

本プログラムは、従来の限界を超える薄膜化と強靱化を同時に達成する「しなやかなタフポリマー」の実現を目指す。タフネス性・柔軟性・自己修復性(熱や光で元に戻る)という特徴をもつタフポリマーは、自動車部品や輸送機器を飛躍的に向上させる

Jun 25, 2018 · これは、タフポリマー化のための新たな材料設計指針を示唆するとともに、自動車の前面窓やルーフを樹脂製に変える可能性を示す画期的な成果と言えます。

タフポリマーって何?サイエンスzeronhkeテレ. 今夜23時30分からeテレでサイエンスzero「自動車までできる すごいぞ!タフポリマー」が放送されます。強くて軽い、衝撃に強い、切ってもすぐにくっつく

超薄膜で壊れにくいポリマー材「しなやかなタフポリマー」を活用することで車両重量850kgと大幅な軽量化を実現したコンセプトカー『ItoP(アイ

同プログラムにより創出した「しなやかなタフポリマー」材料の特質を生かし、自動車への効果的な適用部位を探索し、将来の実用化に向けて

[PDF]

どポリマー材料の新たな応用展開も見いだせたことから、上記の目的は果 たすことができたと考えています。今後は、「しなやかなタフポリマー」 が、自動車、航空機、スポーツ・レジャー用品、医療用途

ブリヂストンは、産官学連携の革新的研究開発推進プログラム(impact)の「超薄膜化・強靭化『しなやかなタフポリマー』の実現」で、低燃費性と高破壊強度を両立したゴム複合体を開発した。

タフネス性・柔軟性・自己修復性(熱や光で元に戻る)という特徴をもつタフポリマーは、自動車部品や輸送機器を飛躍的に向上させるブレークスルーにつながる。

東レは9月28日、分子結合部がスライドする環動ポリマー構造を導入した「しなやかでタフなポリマー材料」を開発したと

アル中、株中、アルゴ大好きさん: セルロースナノファイバーがtlで賑わってるな〜自動車の軽量化等で注目されている様ですね!自動車の軽量化で俺が一番注目する素材は タフポリマー 技術だ。 セルロースナノファイバーが20%軽量化出来るとして、 タフポリマー は60%の軽量

現在自動車の世界では世界的規模で 電気自動車(ev) シフトが決定づけられ、100年に一度の大変革期ともいわれています 。 ワイヤレス給電もまもなく実用化されます。 ev化が一気にすすむと足元をすくわれかねないのが既存の自動車メーカーです。

自動車の軽量化や強靭化、省資源化などに貢献する「タフポリマー」が実用化に向け着実な歩みを進めている。住友化学とブリヂストンは6月25日、都内で説明会を開き、内閣府が主導する革新的研究開発促進プログラム「ImPACT(インパクト)」の1つ「超薄膜化・強靭化『しなやかなタフ

Jun 25, 2018 · 環境に対する関心の高まりから、自動車においてもさらなる省資源化や低燃費性が求められています。本プログラムでは、そのような社会ニーズに応えるため、産官学連携により、革新的な強靭高分子複合体「タフポリマー」の開発を推進しています。

[PDF]

フッ素樹脂を用いた熱可塑性CFRTP,SMC製バックドア,しなやかタフポリマー 応用繊維強化プラスチック,しなやかタフポリマー応用CFRP,熱可塑性CFRP 連続異形成形技術,リサイクル対応熱可塑性CFRP用rPEEK樹脂,接触加熱方式

nhk eテレ サイエンスzeroに「自動車までできる すごいぞ!タフポリマー」 という内容でimpactの成果が紹介されました。 2017年1月30日 日本経済新聞にimpact伊藤プログラムの取り組みについて伊藤pmのインタビュー記事が掲載されました:

三井化学株式会社の会社情報(モビリティ事業本部)です。三井化学は、グローバルに事業を展開している日本の化学メーカーです。自動車、電子・情報、健康・医療、包装、農業、建築・建材、環境エネルギーなど幅広い分野において、人々の生活をより豊かにする製品・サービスを提供して

[2018年2月20日に公式ページリンクを追加して再投稿] nhk eテレで放送されている「サイエンスzero」 今回のテーマは「自動車までできる すごいぞ!タフポリマー」公式ページによると、「タフポリマーと呼ばれる新素材が誕生」・・・予習・・・関連記事・・・

【高耐久ホースがよりタフに!!スリムになって新登場!!】外被ゴムに耐摩耗ポリマーを配合!!!耐摩耗性約20%アップしながら15%軽量化!!(高耐久ホース比)取り回しがさらに楽になりました!!(30Mで1.4kg軽くなりました!)【·業界初·ホース金具を標準でステンレス製に!】ホースの

「タフポリマー」と呼ばれる新タイプの高分子材料を使った車を、東京大などが開発した。軽くて耐久性が高いのが特徴で、車体の大幅な軽量化

「タフポリマー」と呼ばれる新タイプの高分子材料を使った車を、東京大などが開発した。軽くて耐久性が高いのが特徴で、車体の大幅な軽量化

ポリマー材料は、自動車のバンパーや内装、家電製品の筐体などの身近な部材に用いられることが多く、衝突や落下で壊れないタフさが要求されます。一般的にポリマー材料は、硬いほど壊れやすく、柔らかいほど壊れにくい性質があります。

東レは2018年9月28日、環動ポリマー構造を炭素繊維強化プラスチック(CFRP)に導入する「しなやかなタフポリマー」作製技術を確立したと発表した。 CFRPは、高い強度と剛性を持つことから、航空機や自動車などの構造材料や、テニスラケット、ゴルフシャフト、釣り竿などのスポーツ用途

ポイント impact伊藤耕三プログラムが創出した新素材「しなやかなタフポリマー」を、自動車を始めとする輸送機器の構造材や構成部品に適用することにより、軽量性・機能性・安全性・信頼性を飛躍的に向上させる可能性を有している。

タフポリマーと呼ばれる新素材が誕生タフポリマーとは☆プラスチックなどに代表される高分子で出来た物質☆強い衝撃でも壊れず、切ってもすぐにくっつくなど、常識破りの性質をもつ☆強さとしなやかさ、そして軽さを兼ね備えることから工業製品への応用☆全ての部品をタフポリマーに

ポリマー材料は、自動車のバンパーや内装、家電製品の筐体などの身近な部材に用いられることが多く、衝突や落下で壊れないタフさが要求されます。一般的にポリマー材料は、硬いほど壊れやすく、柔らかいほど壊れにくい性質があります。

超薄膜で壊れにくいポリマー材「しなやかなタフポリマー」を活用することで車両重量850kgと大幅な軽量化を実現したコンセプトカー『ItoP(アイ

東レは、内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(impact)の伊藤耕三プログラム・マネージャーの研究開発プログラムの一環として開発した「しなやかなタフポリマー」を、炭素繊維強化プラスチック(cfrp)に応用する技術を開発した。

新材料が自動車の未来を変えようとしている。産学官が協力し、車体やタイヤ、窓など自動車の主要部品を軽量化する研究開発が進んでいる

「しなやかタフポリマー」として複数の分野、材質でこれまでの常識を破る高分子樹脂素材が実現した時に産業や社会にどんな“インパクト”を与えるか、その可能性を「自動車」という具体的な形を取ることで分かりやすく伝えようとするものだ。

今回、その可能性を検証することを目的として、「しなやかなタフポリマー」など研究で得られた材料をふんだんに活用し、適用の効果を具現化した電気自動車のコンセプトカーとして完成した。

これは、タフポリマー化のための新たな材料設計 指針を示唆するとともに、自動車の前面窓やルーフを樹脂製に変える可 能性を示す画期的な成果と言えます。

ベースポリマーを800℃以上で焼成し、耐熱上限は2200℃である。耐熱性、耐摩耗性が優れているためこの用途に使用された。 キャップ. tam成形によるドローン用部品、自動車部品を展示していた。 tam成形によるドローン用部品

[PDF]

自動車のルーフをイメージした試作品(a)。ガラスを代替でき、かつ割れにくい樹脂をアクリル樹脂(PMMA)をベースに開発した(b)。 〔(b)の出所:住友化学、ImPACT発表資料〕 硬いのに割れにくい、亀裂が入りにくい “タフポリマー”の開発が進展 *1

自動車用の様々な新規タフポリマーの開発に成功した。 本講演では、その成果を紹介するとともに、マトリックス運営体制 という産学連携の新しい仕組みについても解説する。 1.タフポリマー 2.耐衝撃強度 3.コンセプトカー

平成26年より始まった内閣府 革新的研究開発プログラム(ImPACT)「超薄膜化・強靭化「しなやかなタフポリマー」の実現」では、大手化学企業と

記事全文をご覧いただくには、ゴムタイムス電子版へのログインが必要です。 ログイン後、ゴムタイムス及びタイヤタイムスの記事をお読みいただけます。 会員の方は下記のボタンからログインページへお

2001年に始まった「精密高分子技術」プロジェクトに参加した東レは、山形大学における集中研で、「自動車用構造材の開発」というテーマのもと、二軸押出機の中でポリマーを化学反応させながら混ぜ合わせて機能性を付加する「リアクティブ

住友化学は、自動車のフロントガラスとしてjisが定める耐衝撃性試験をクリアする透明プラスチックのポリメタクリル酸メチル(pmma)をベースの

Oct 23, 2018 · タフネス性・柔軟性・自己修復性(熱や光で元に戻る)という特徴をもつタフポリマーは、自動車部品や輸送機器の性能を飛躍的に向上させる

ポリマー樹脂とはもう生活の中に入っている物である。しかしまだ強度はあまりないので玩具などの小さなものが多いだろう。だが最近開発されたものにタフポリマーという物が出てきた。実は先日ノーベル賞を取った原理から日本の大阪大学の原田さんがポリロキサンを合成した。

[PDF]

ハイライト – 15 – arc watching 20 19年4月 タフポリマーがポリマーの常識を変える 「しなやかポリマーtm」(タフポリマー)プロジェクトの成果が発表された 自動車は燃費改善のため軽量化が強く求めら

「自動車用「しなやかなタフポリマー」の実現」と題して、内閣府 ImPACT プログラムマネージャー/東京大学 教授 伊藤氏によるセミナーを2019年4

[PDF]

タフポリマー」を随所に活用した電気自動車(EV)の革新的コンセプトカー,“I toP(Iron to Polymer, アイトップ)”の展示会を開催します。 この新素材は,自動車を始めとする輸送機器の構造材や構成部品に用いることにより,軽量性・機能

自動車のキャビンを構成する前面窓やルーフ部材に適用した場合には、軽量化による省エネルギー化だけでなく、視野確保による安全性の向上や

東レ・カーボンマジック株式会社(以下、東レ・カーボンマジック)および科学技術振興機構(JST)は2018年9月28日、新素材「しなやかなタフポリマー」を用いた革新的EVコンセプトカー「I toP(Iron to Polymer、アイトップ)」が完成したことを発表した。

[PDF]

タフセレン®の開発 はじめに ポリエチレンやポリプロピレンに代表されるポリ オレフィン材料は、その優れた耐熱性や剛性などの 特徴に加え、リサイクル性、環境負荷低減などの観 点から、自動車部品、家電用部品、包装容器、フィ

[PDF]

待はきわめて大きい。本講演では、まず本プログラムの概要について紹介し、次にタフポリマーを実現するための新しい分子 構造の1つとして期待されている環動高分子について解説する。その中で、放射光を用いたナノ計測への期待についても述

電気自動車、重さ4割減 タフポリマー製で大幅に軽量化 (2019-2-27) (科学の扉)新材料「タフポリマー」 軽くて丈夫な車を開発、他分野へ広がる応用 (2019-2-25) センター試験分析 化学 (2019-1-20)