ウェアラブル メガネ 導入事例 – ウェアラブル型遠隔作業支援パッケージ

ウェアラブルデバイスの例をまとめたものが下記の表である(図表3-1-4-3)。 ウェアラブルデバイスの分類ごとの特徴について紹介することとする。業務利用分野では、業務効率化、快適なオフィス環境作り、従業員の安全

近年、オフィスでの働き方改革が注目され、一人一台の環境でパソコンを使うようになってきているにもかかわらず、現場で働く従業員のict武装は未だに遅れているのが現状です。ウエアラブルデバイスやスマートデバイスなど、持ち運びや操作が容易なツールを活用し、より効率的で安全な

トラブルの未然防止や業務効率化など、ビジネスでウェアラブルデバイスを導入するとさまざまな点でメリットがあります。ウェアラブルデバイスがどのようなものか、導入事例などを見てチェックしてみ

【後編】の本稿では、実際にウェアラブル端末やictを活用した「現場」の先進事例を紹介するとともに、そこから描かれる将来像について解説

メガネスーパーが開発した、高解像度ディスプレイを搭載したメガネ型ウェアラブル端末「b.g.(ビージー)」。これまで1000万人を超える顧客に対応してきたメガネスーパーが、「見え方」と前後左右のバランスを徹底的にこだわった「かけ心地」を追求。

10年以上前からウェアラブルデバイスの業務利用に着目し開発を続けてきた村田機械株式会社。マテハン分野において世界規模の売上を誇る村田機械がなぜウェアラブルに取り組んだのか?ウェアラブルの「今」を聞いてきました。全4回連載で1回目は「スマートグラスの業務活用事例と企業間

メガネスーパーは、100%子会社のEnhanlaboでウェアラブル端末事業の拡大を図る。眼鏡型ウェアラブル端末「b.g.」を企業向けに展開し、新たな収益

Jan 14, 2015 · アイウェア型デバイス分野においては、「Google Glass」が限定的であるものの一般販売を開始し、Sonyも「SmartEyeglass」の一般発売に向け、着々と準備を進めています。 今回は、過去に紹介したデバイスの現在、そしてスマートグラスの企業利用事例など、ウェアラブルデバイスをとり

ウェアラブルデバイスの業務での活用シーンは、作業時間短縮や作業ミス軽減、安全性の向上、専門的技術による作業を狙いとした「企業の業務利用(BtoB)」と、健康促進や利用者の満足度向上を狙いとした「企業の保有する会員や従業員の利用(BtoBtoC)」の2種類にわけられます。

「オリックス・ファシリティーズ株式会社様」の導入事例を公開しました。 2016年9月29日 業務用ヘルメットモデル「bt?2200」が新登場! 2016年9月23日 「柿のミズオ/株式会社パーシテック様」への導入事例を公開いたしました。 2016年5月10日

メガネ型ウェアラブル端末を使用し、装着者の見ているものをリアルタイムで共有しながら双方向の会話を行い、遠隔作業支援を実施することができるツールです。 共有している画像にペイントやテキスト記入をして作業指示を行ったり、作業手順書を

スマートグラスの強みは目の前に情報が映し出されることによるハンズフリー化(手が自由に使えること)です。従来、マニュアル確認のため手を止める必要があった作業に関して、スマートグラスを活用すれば、手を止めずに目の前に次の指示が出され次々に作業を行うことができます。ここ

視界 を遮ることもなく、軽量で電源コードも不要 です。導入事例建設現場の作業場所を作業者と指示者でリアルタイム共有しながら、ペイント機能で作業箇所を目立たせたり、音声と映像を組み合わせた指示出しを行うことにより、作業効率改善に成功。

最新のウェアラブル端末から、iot、ar/vr技術、最新ウェアラブルデバイス開発のための部品・材料まで、ウェアラブルに関する全てが出展します。貴社技術の売り込み・提案、共同開発・アライアンスの模索などに絶好の場となります。リードエグジビションジャパン株式会社主催

導入事例導入事例 ウェアラブルデバイス(Wearable Device)とは、Wearableの文字通り、身に着けて利用するコンピューターデバイスです。古くからSFの世界には登場しており、製品も開発されてきましたが、普及するまでには至っていませんでした

ウェアラブルのテクノロジーはまだ揺籃期にありますが、本稿では日本企業のリアルな先行導入事例を「既存業務の支援」「従業員の健康管理

飲食店の従業員にウェアラブルデバイスを導入した事例として、客がテーブルで呼び出しボタンを押すとその情報が店員が付けたウェアラブル端末に送信され、店員が音や振動で直ぐに気がつけるようにし

スマートウォッチとならび、ウェラブル端末の双璧と目されていたメガネ型ウェアラブル端末は、2012年グーグルグラス(Google Glass)として従来のメガネと同じような大きさで突然と私たちの前に登場し、これまでSF映画の世界での体験が目の前に登場し期待の高まりを覚えました。

株式会社メガネスーパーのプレスリリース(2018年1月30日 14時00分)メガネスーパーが最新のウェアラブル端末の活用と技術の総合展に、エンハン

IoT 導入の背景 改善のためのデータ取得・分析をもっと手軽に

(3) ウェアラブル端末. 昨今注目されている新しいictトレンドの一つにウェアラブル端末があげられ、2013年(平成25年)においても国内外の様々な端末メーカー等から腕時計型やリストバンド型などの端末が発売され、メガネ型など様々な形態でのプロトタイプも発表されている。

管理監督者が支援した場合、短時間で復旧できる事例がほとんどだが、支援が得られない場合にダウンタイムが伸びてしまう。この問題を解決するために、エプソンの業務用スマートグラス「moverio pro」(bt-2000)を導入。どのような効果があるのだろうか。

「ウェアラブル端末」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。日本でもここ数年でブームになりつつありますが、まだまだ課題もありそうです。 今回は、ウェアラブル端末をIoT化するメリットや課題についてご紹介し []

ウェアラブル端末のリーディングカンパニーであるウエストユニティス株式会社です。建設・製造・医療・倉庫物流・警備などの仕事現場での課題をウェアラブル端末によって解決します。

まだ公になっている事例は少ないが、企業のウェアラブル活用の動きが水面下で活発化している。例えば、日本のクルマ業界の9割が実はウェアラブルの導入準備中だという。2016年は、ウェアラブルの業務活用が一気に本格化する年となりそうだ。

2つの離れた場所の距離を映像と音声で大きく縮める業務用ウェアラブルカメラag-wn5k1。 マルチビューアソフトag-nams5を使用して、遠隔地の作業員からpcへ送られてくる映像で現場の状況を共有し、映像を確認しながら音声による双方向コミュニケーションが可能です。

昔見たsf映画で腕時計からホログラムがでてきて天気や、位置情報などを伝えてくれるものをみてずっと憧れていました。ゴーグルを通して、視野に入るあらゆるものがグラフィカルに数値化されたり、あるいは強い強敵の戦闘力を測ったり(笑)。 今回ご紹介するのはフィクションではなく

日鉄ソリューションズでは、今後、製品化が見込まれるスマートグラスをはじめとした各種ウェアラブル端末も対象に、こうした新たな情報端末の業務利用に向けたソリューション・サービスを展開して、お客様のビジネスニーズに対応して参ります。

アンドロイドos搭載のウェアラブル端末です。メガネや保護めがねに装着することができ、ハンズフリーでの操作が可能です。 ウェアラブル導入後の効果 故障事例と関連診断技術

こんにちは、lts執行役員の山本政樹です。先日、ウェアラブルデバイスの展示会に行ってきました。ウェアラブルデバイスをネットで調べると「腕や頭部など、身体に装着して利用することが想定された端末(デバイス)の総称である。」と []

ウェアラブル端末には、腕に付けるものや、衣服のように身に着けるもの、アクセサリータイプなど様々ありますが、今回はその中でも最近話題の「リストバンド型」「メガネ型」「クリップ型」の3種類を

業務用ウェアラブルデバイスの普及が始まっているが、具体的な運用シーンが想像しにくく、導入をためらってはいないだろうか。そもそもどのデバイスでどんな使い方ができるのか。実際にデバイスやシステムを開発している3社に話を聞いた。

導入効果; 概要. メガネ型ウェアラブル端末を使用し、装着者の見ているものをリアルタイムで共有しながら双方向の会話を行い、遠隔作業支援を実施することができるツールです。 共有している画像にペイントやテキスト記入をして作業指示を行ったり

本日1月17日から19日まで、東京ビッグサイトで開催している「第4回 ウェアラブルEXPO」。本項ではメガネスーパーが展示していた、メガネ型の

組織活性化(ウェアラブルセンサ活用):組織マネジメントの最適化. 従業員の行動データを計測、可視化、分析し、生産性を向上させる改善施策をご提案します。

ウェアラブルデバイスはビジネスにどう生かすべき?活用事例の記事詳細ページです。アリババジャパンプレスはアリババ株式会社が運営するメディアです。売上を拡大したいと考える経営者や事業責任者のヒントとなる情報をお伝えしています。

時計型やメガネ型のウェアラブルデバイスを活用して、業務効率の向上や業務ミスの防止を目的としている企業事例もあります。 例えば、日本航空では、ウェアラブルデバイスを積極的に活用して、業務効率の改善を図っています。

メガネ型ウェアラブルデバイス(スマートグラス)を用いたプレゼンテーションの支援をご提案しました。ウェアラブルデバイス上でプレゼンテーションのメモや台本を表示するアプリケーションによりプレゼンターを支援し、プレゼンテーションのパフォーマンスを向上させるものです。

スマートウォッチとならび、ウェラブル端末の双璧と目されていたメガネ型ウェアラブル端末は、2012年グーグルグラス(Google Glass)として従来のメガネと同じような大きさで突然と私たちの前に登場し、これまでSF映画の世界での体験が目の前に登場し期待の高まりを覚えました。

ARウェアラブル端末の種類. ARアプリを使うには、各種端末が必要になってきます。スマホなどが使われることも多いのですが、ここでは、ARに使われるウェアラブル端末の種類についていくつか紹介していきましょう。 メガネ型ARウェアラブル端末

ウェアラブルデバイスに関する5つの未来予測. 引用: business news daily. ウェアラブルデバイスの現状・問題点は上で述べたが、では将来的にはどのように用いられるのであろうか。

眼鏡型ウェアラブルデバイスを介して遠隔地にいる他者と視野情報や位置情報を共有し、周囲の状況に関する案内や説明を受 ソニー、メガネ

ウェアラブル端末とは? 主要なウェアラブル端末 Apple Watch Appleから2015年に発売されたスマートウォッチのシリーズが「Apple Watch」。バージョンアップを重ねて現在は「Apple Watch Series 3」が発売中です。Apple Pay、Suicaに対応しており、内蔵したeS

ヘルスケア向けウェアラブル機器、“価値の創造”はまだこれから ⇒ IoTはバズワードからビジネストレンドへ――インテルが米国最新事例を

東京開催/ロジスティクスセミナー 「ウェアラブルデバイス活用セミナー」を開催します!. 近年、ictツールを活用した働き方改革への注目が集まっています。 テレワークなどオフィスから先行した取り組みが、ウェアラブルデバイスの進化を背景に、徐々に現場へと活用シーンの広がりが

航空機の整備におけるグーグルグラス活用の事例です。 日本航空(jal)と野村総合研究所(nri)は、グーグルグラスをはじめとしたウェアラブルデバイスを活用し、先進的な業務スタイルの追求を目的とした実証実験を米ホノルル空港で実施しました。

導入事例1/ 複数拠点での遠隔操作 . ウェアラブル・メガネpcは今後も需要が増え、さらに身近なものになります。ご要望に応じたカスタマイズも可能ですので、お気軽にお問合せ下さい。

NRIでは、2014年から腕時計型やメガネ型などのウェアラブル端末の市場投入が始まると指摘。既に提供されているヘルスケア用途の活動量計のよう

~メガネ型は「道案内」、腕時計型は「健康管理」が1位 文 business network.jp編集部 2014.06.24 MMD研究所は2014年6月24日、ウェアラブル端末に関する調査結果を発表した。

大成建設と東芝デジタルソリューションズは、メガネ型のウェアラブル端末を利用して建設現場における入退場車両の管理を省力化できるシステムを開発した。従来の手作業による管理と比較して、車両管理業務を約20%省力化できるという。

新たな技術を導入する時はその技術が付加価値拡大のためにどう貢献できるか事前に考える、と言う話です。ウェアラブル・デバイスのような新たな技術の導入を検討したことがありますか?技術導入にあたっては、事前に狙いと目的をはっきりさせます。

また、倉庫内作業のハンズフリー化、生産性向上を図るツールとして、メガネの視界に多様な作業支援情報を表示するスマートグラスや、音声認識ピッキングシステム、グローブ型スキャナなどさまざまなウェアラブルデバイスの活用も進めています。

kddiが、働き方改革に関する取り組みの一環として、メガネ型ウェアラブルデバイス「jins meme」や腕時計型バイタルモニタービーコン「meditag」を

nssolは、ar(拡張現実感)やウェアラブルデバイス(身につけて持ち歩くことができる機器や装置)の技術を使って、製造や物流を中心とする現場作業を支援するソリューションを展開しています。 その代表的なデバイスはarメガネ。

視野遮蔽を防ぎ、高い作業性を実現する為のシンプルなデザイン。調節機構搭載で、個人のメガネやヘルメットなどの保護具との併用も可能*です。(*全てのメガネ、保護具に対応している訳ではありません)

身に付けるコンピュータ、「ウェアラブル端末」を取り巻く動きが活発化しています。ウェアラブル端末は、企業の端末環境や従業員の働き方を

日本電気(NEC)は、設備保全や保守点検での現場業務のハンズフリー化を実現するメガネ型のウェアラブル端末を使った「遠隔業務支援システム

実際にウェアラブル端末とLiveOnを組み合わせて遠隔支援ツールとして導入をしている建設会社では、本部にいる熟練者がウェアラブル端末を装着している若手作業員の作業の様子をLiveOnを通して確認しながら指導を行っているという事例があります。

株式会社ACCESSは、同社Beacon端末「ボタンビーコン」および対応するスマートフォンアプリとクラウドシステムを株式会社メガネスーパーが商品化を進めているメガネ型ウェアラブル端末「b.g.」に連携させ2016年1月13日(水)~15日(金)に開催中のウェアラブルEXPOにて共同デモを披露します。

そこで、本セミナーではお客様でのファクトリーIoT導入の後押しとなるような 事例や最新技術、ソリューションをご紹介します。 メガネスーパーがウェアラブル領域の成長の為に新たに設立した